Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行1日目~その2~


トンネルを抜けるとそこは北海道でした

彼女は始めての北海道だったらしくちょっと興奮気味でした。
まあ、青森にいたときと違うのは、
雪の量が若干多かったということぐらいで
あんまり変わりませんでした。


トンネルを抜けて30分程度で函館に到着しました

函館駅は新しかったものの、
思ったより人が少なくのんびりしていました


近くに朝市があるので、ちょっと覗いてみましたが、
4時という時間もあってあいているお店はほとんどない状態・・・

さすが朝市ですね


宿にチェックインするのも時間的に早いし、
僕が行こうとしていたジンギスカンのお店を探す・・・・・

五稜郭の近くにあることしか知らないので、
とりあえず付近まで移動することにしました



函館の町は路面電車が走っていて
せっかくだからそれに乗って移動することにしました


乗ってみると本当にレトロないい感じでした

でも、移動速度は最悪・・・・・遅くいろんなところで止まって・・・・

なかなか進みませんでした・・・・


なん駅かバス停っぽいものと通過して、
五稜郭前で降りました。


そこからは、


AUのナビウォークを頼りに進んで10分ぐらいで
それらしきお店を見つけることが出来ました


なんとあってはならい・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・・・
・・・
休み時間になっていました



定休日のほうがまだふっきりがあっていい!!


ついてね~な~



時間もあったので五稜郭にいくことにしました
五稜郭にはタワーがあって五稜郭を見下ろせるみたいでした



でも本当は、時間はほとんどなくなっており、

宿に行って函館の夜景ツアーの予約をしないといけなかったのです!!


その時間もあるため、タワーを見て、

その横にあった土方歳三の慰霊碑の写真をとって
E4BA94E7A89CE983ADEFBC91.jpg


hijikata-21.jpg




タクシーで湯の川温泉に向かうことにしました



いや~、時間はすぐすぎてしまうものです


5時の夜景ツアーを予約して、

部屋に案内されてちょっとだけくつろぐことにしました

この付近は結構多くの旅館があって、ちょっと感動しました。

今の季節は、オフシーズンらしく人は少なめ、

逆にそれが僕的には嬉しいですけど。


あっという間にツアーの時間・・・


ロビーに集まって、バスを待つことにしました


すぐにバスはやってきましたが、
このツアーが湯の川温泉が行っているツアーであるため

ほかの温泉宿からもお客さんがきていました

実は僕らが乗ったのバスは3号車で、
3号車まで出てるんだ~と感心していると
ピークには30台もでるらしく(バスガイド談)

それにはかなり驚いてしまいました

それに、今年は雪が多くて函館山に上るにはロープウェイしかないらしく

その待ち時間はピーク時期では2時間待ちだそうです


僕らは20分ほどで乗ることが出来てよかったけど・・・


山頂に行くゴンドラは景色がよく

本当に綺麗でよかったです。

大体この季節は、
夜景が見えない日が多いらしく運がよかったということです。

僕らはすぐさま夜景を見に行きました。
人が凄くいましたが、
夜景は感動ものでした。
yakei1_M.jpg



30分ぐらい・・・・・ずーっと

見ていました。


集合時間になって泣く泣くゴンドラ乗り場に戻りました。

帰りはバスガイドさんの話を聞きながらのんびり帰ってきました。

旅館に着いてからは食事が待っています!!うれし!! 


この続きはまた次回~


スポンサーサイト

フリー旅行


今回は、週末に実家の帰った時の事をお話します。


先週の金曜日、仕事が終わってすぐに家に帰り、
実家に帰る準備をしました


まあ、一通りの物はそろえておいたので、あとは確認程度です

それで、予定としては、11時30分の夜行バスで京都~東京まで


バスは安めの夜行バスなので、1列が4席の狭いタイプでした


週末であったため、席は満席・・・


僕は彼女と一緒に行ったので、隣は彼女だから、
まだよかったけど、
1人旅で隣に知らない人が乗ると結構しんどいと思います



そういう場合はお勧めしません。
料金は往復で1万ちょっと、週末は高い設定らしい。

平日だったら往復8000円。



いざ京都駅に向かうと、

いや~いるいる。


観光バス待ち人の群れ約1000人以上はいたと思います

スノボやスキーのツアーも出ているらしく、
それに卒業シーズンもあって凄い事になっていました



とりあえず自分の乗るべきバスを探し始めました

人の多さで、
受付が見つからず30分も探し回ってやっと見つけ受付をしましたよ


もう、このとき、僕らはキレかけていました

というもの人が多すぎて、
スノボに当たったり体がぶつかったりで、
いらいらしていました。

加えて、受付の態度の悪さ、
ウキーって叫びそうなくらいでした。

まあ、定刻になってバスに乗り込み、
席につきました。

バスにはトイレもなく2時間ぐらいおきに、
トイレ休憩するみたいでした。



出発するとすぐに、休憩地点にここで消灯して、
バスは再び東京に向けて出発です

車内はうるさくはなかったけど、

バスが2時間おきに休憩を取るので、
安眠が出来ずに2時間くらいの睡眠しか取れないまま、


東京に着いてしまいました。


時間は7時30分です。
それから、
ふたりのふたりの北東北・函館フリーパスを買いにみどりの窓口に向かいました。


今日の予定は、東京から函館まで一気に向かい、
函館の湯の川温泉で1泊でした


あさのみどりの窓口は人が多くて、
乗りたい新幹線も喫煙席しか残っていない状況でした


タバコ嫌いの僕らは泣く泣く、
喫煙シートで新幹線のチケットをゲットしました


八戸までは新幹線はやてで行くことになり、
その後スーパー白鳥で青森を経由して、
函館につきます。


新幹線に乗る前に、
朝ご飯を買い込み、
いざ北海道!!
hayate.jpg


東北新幹線は始めて乗る僕はかなり、
興奮気味でした


でもそれも、
喫煙軍団がタバコを吸い出すと、

冷めてしまって・・・



でも仙台を越えると、
結構人が降りてタバコの煙もそうでもなくなってきた

3時間くらいで、八戸につきました


電車を降りるとめちゃくちゃ寒くて、
とりあえずコートなどない僕は、
上着をもう一枚着て待機しました


接続に1時間くらいあったので

お昼ご飯を食べ、ホームで待つことにしました


次の電車は青函トンネルをくぐるやつだったから、
ちょっと楽しみでした
hakodate20(10).jpg



電車がきて、すぐに自由席求めて席取り・・・・ 

というのも、
週末は八戸や新幹線で来た人が青森や函館・北海道方面にむかうため

指定席が青森からしか取れなかったんです


だから、
とりあえず八戸~青森までの区間は自由席担ってしまったのです


でも、早めに並んだ甲斐あって席も取れて快適に函館に向けて出発できた

青森を越え、
席を移動して、
青函トンネル・・・・ 

sph3.jpg


ただの長いトンネルでした~ 

そうこうしているうちに函館です


ここらで、1話を終わらせてもらいます


続きは、また明日書き込みます~



週末の予定


今週から来週から来週の火曜日に掛けて実家に帰ります。

一応、旅行が目的あとは、親と甥っ子の顔を見に行く

ここ大阪は、実家に帰るにはすごく不便な町です

もし大阪から実家に帰るとしたら、
朝6時に出て家に着くのは夜になっちゃうんですよ


それに、最低3回乗り換えないといけないし、
それに加えて特急料金も3回払うはめになります

だから、基本的には飛行機で帰るのが理想です


でも、今回は東京を経由して帰ることにします

実はJR東日本では、
二人の北東北・函館フリーきっぷというものが存在して

カップル同士なら北東北(詳しくはJR東日本で)から函館までフリーで乗り降りができる切符があるんですよ

東京出発2人で48000円(4日間有効)ですが、使い方によってはかなりお得なのです

たとえば、今回の僕らのプランは、
1日目東京-函館-約18000円いって一泊して、

次の日函館から実家のある秋田まで行く(約15000円)

そんでもって4日目に秋田-東京(約16000円)

これで合計51000円だから、
一人27000円お得になります


まあ、3日目どっかいったらもっといいのかもしれませんが

いろいろしないといけないことがあるので無理ということで・・・ 

カップルというのが条件ですが、
お得だと思いませんか?


ただし、カップルであるため
一人で乗ったり、
男同士
女同士
は無理だそうです


結構ハードなスケジュールですががんばって帰ります


657-1.jpg

Appendix

プロフィール

tosummer11

Author:tosummer11
ようこそ、tosummer11ブログへ!!

POQUE

最近の記事

カウンター

カウンター
バイク買取ブログパーツ cgi

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。